軸組補強工事 大田区耐震助成金を利用した H邸耐震補強

大田区耐震助成金を利用した、H邸耐震補強工事の軸組補強工事です。

今回補強する建物は、木造2階建て、昭和50年新築の旧耐震の建物です。大田区の耐震助成制度を利用し、耐震診断、耐震補強設計、補強工事を行います。

解体工事の後、木造軸組の劣化や設計で想定した状態と違いが無いか確認します。今回は軸組の劣化はありませんでしたが、補強部分に段違い梁や、想定した柱が無い部分がありました。そのため段違い梁部分を補強したり、柱の無い部分に柱を新たに追加して耐震壁をつくるための軸組をつくります。

【梁を追加】耐震補強する部分が段違い梁のため、耐震壁に出来るように、梁を追加して補強します。

【柱を追加】窓を撤去し新たな耐震壁をつくるために、柱を追加します。

大田区耐震助成を利用した、H邸耐震補強工事

耐震診断:耐震診断現地調査耐震診断評価

補強設計:耐震補強計画耐震診断補強設計

補強工事:解体工事軸組補強工事金物補強工事筋交い補強工事合板下地工事構造用合板補強工事

御自宅の耐震診断と耐震補強に興味のある方、大田区の耐震助成制度に興味のある方は下記フォームより問い合わせをお願いします。

 

Pocket

「軸組補強工事 大田区耐震助成金を利用した H邸耐震補強」への13件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください