耐震診断と補強設計 耐震補強工事とは

耐震診断と補強設計 耐震補強工事とは

木造住宅の耐震補強リノベーション/耐震診断と補強設計

昭和56年以前の旧耐震基準の木造住宅は耐震性能が低い可能性があります。耐震診断をすることにより現在の建物の耐震安全性を確認する必要があると考えます。
 また住宅のキッチンや浴室の水回りの劣化、家族構成の変化による間取りの変更や高齢化によるバリアフリー化の要望など大規模なリフォームを必要とする時期になっています。私たちは耐震補強とリフォームを同時におこない住宅を再生する耐震リノベーションを提案しています。
 また新耐震基準の木造住宅でも建物の劣化や複雑な形状による偏芯により耐震性能が低い場合がありますので注意が必要です。

H邸耐震補強工事(大田区耐震助成を利用)

1.耐震診断の現地調査

2.耐震診断評価

3.耐震補強計画

4.耐震補強実施設計

5.解体工事

6.軸組補強工事

7.金物補強工事

8.筋交い補強工事

9.合板下地工事

10.構造用合板補強工事

耐震補強に関するお問い合わせ

 

Pocket

「耐震診断と補強設計 耐震補強工事とは」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください