耐震補強・実施設計 大田区耐震助成金を利用した H邸耐震補強設計

大田区耐震助成金を利用した、H邸の補強実施設計です。

H邸は耐震診断により、評点1.0以下が確認出来たため、大田区の耐震助成制度を利用し、補強設計を行います。 補強計画を元に、工事見積用の実施設計図を作成します。補強設計の基本的な考え方は、「2012年改訂版 木造住宅の耐震診断と補強方法」を利用し、現状にあった図面を作成します。

図面を元に再度現地調査を行い、設計内容の補正を加えて行きます。クライアントとの打合せによりリフォーム工事やリノベーション工事を絡める場合もあります。今回は屋根の葺き替えとトイレの内装リフォームを同時に行う事になりました。

今回の建物は1階の剛性の変身が大きく、また東側に耐力評価の出来る壁が少ない建物でした。その弱点を補うため、東側のサッシュを撤去し、新たに耐震壁をつくっています。計画段階では基礎補強を検討しましたが、予算の関係上難しく、クライアントと相談し、上部構造のみの補強とする事にしました。

【構造用合板補強仕様書】「2012年改訂版 木造住宅の耐震診断と補強方法」の仕様書を元に、建物に合わせた補強設計図を作成していきます。実施設計図には仕様書も付け、施工方法も決めて行きます。

 

【筋交い補強仕様書】

大田区耐震助成を利用した、H邸耐震補強工事

耐震診断:耐震診断現地調査耐震診断評価

補強設計:耐震補強計画耐震診断補強設計

補強工事:解体工事軸組補強工事金物補強工事筋交い補強工事合板下地工事構造用合板補強工事

御自宅の耐震診断と耐震補強に興味のある方、大田区の耐震助成制度に興味のある方は下記フォームより問い合わせをお願いします。

このブログは品川区、大田区を中心に活動する、耐震補強とリノベーションを得意とする建築設計事務所Tiida Associatesが運営しています 。

 

Pocket

「耐震補強・実施設計 大田区耐震助成金を利用した H邸耐震補強設計」への11件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください