耐震診断と補強設計 耐震補強工事とは

耐震診断と補強設計 耐震補強工事とは

木造住宅の耐震補強リノベーション/耐震診断と補強設計

昭和56年以前の旧耐震基準の木造住宅は耐震性能が低い可能性があります。耐震診断をすることにより現在の建物の耐震安全性を確認する必要があると考えます。
 また住宅のキッチンや浴室の水回りの劣化、家族構成の変化による間取りの変更や高齢化によるバリアフリー化の要望など大規模なリフォームを必要とする時期になっています。私たちは耐震補強とリフォームを同時におこない住宅を再生する耐震リノベーションを提案しています。
 また新耐震基準の木造住宅でも建物の劣化や複雑な形状による偏芯により耐震性能が低い場合がありますので注意が必要です。

H邸耐震補強工事(大田区耐震助成を利用)

続きを読む 耐震診断と補強設計 耐震補強工事とは

現地調査 大田区耐震助成金を利用したH邸耐震診断

大田区耐震助成金を利用した、H邸の耐震診断です。

今回調査するのは木造2階建て、昭和50年新築の旧耐震の建物です。大田区の耐震助成制度を利用し、耐震診断を行います。耐震性に問題があれば助成金を利用し耐震補強設計、補強工事を行う予定です。

まず大切なのは丁寧な現地調査です。

外部調査、内部調査をします。今回は新築時の図面が無いため、まず間取りから調査します。 続きを読む 現地調査 大田区耐震助成金を利用したH邸耐震診断

耐震診断で使用する調査道具の紹介

耐震診断で使用する調査道具の紹介をします。

丁寧な調査をするために様々な調査道具を使います。普段のリフォーム、リノベーション用の建物調査に使う道具から、専門的な道具も使います。

続きを読む 耐震診断で使用する調査道具の紹介