良好な温熱環境による健康的生活その2

住宅における良好な温熱環境の実現に向けた実務者向け講習会その2


「温熱環境改善についての必要性」のつづきです

日本でも温暖な県で冬の死亡率が増加率大との事。

北関東の栃木県、茨城県が冬期死亡率大のツートップです。どうも断熱住宅の普及と関係しているらしいです。

以前札幌に住んでいましたが、住居の断熱性能が良いから冬でも快適。札幌人は真冬でも、自宅はTシャツ、短パンと聞きました。

断熱性能が良いから室温を高く設定する事で出来ます。関東人には室温設定が高すぎてのぼせます。

今有る建物を断熱補強と耐震補強で住環境向上リノベーションしたら健康的な生活が出来るかもね?今後の事務所のお題【健康的生活リノベーション】

このブログは品川区、大田区を中心に活動する、耐震リノベーションを得意とする建築設計事務所Tiida Associatesが運営しています 。






大井・大森・蒲田ランキング

Follow me!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください