良好な温熱環境による健康生活

住宅における良好な温熱環境の実現に向けた実務者向け講習会

第一部は「温熱環境改善についての必要性」について

WHOはSDGsのGoal3(健康)とGoal11(まちづくり)の達成に寄与する勧告(2018.11)を世界へ各国に勧告

・冬季室温18℃以上(強く勧告) (小児・高齢者にはもっと暖かく)

・新築時・改修時の断熱(条件付勧告)

・夏季室内熱中症対策(条件付勧告)

 ※さらなる研究の必要性にも言及しています。

今有る建物を断熱補強と耐震補強で住環境向上リノベーションしたら健康的な生活が出来るかもしれません

このブログは品川区、大田区を中心に活動する、耐震リノベーションを得意とする建築設計事務所Tiida Associatesが運営しています 。






大井・大森・蒲田ランキング

Follow me!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください